FXでの反転のタイミング

バナー

FXでの反転のタイミング

FXで、上昇トレンドがら下降トレンドに或いは、下降トレンドから上昇トレンドに変わる反転のタイミングがわかれば誰でも利益を出すことができるでしょう。

この反転のタイミングがわからないでトレードしても損失額を増やすだけとも言えるくらい重要なのです。



FXで、反転を視差する指標としてテクニカル指標では、ボリンジャーバンド、MACD、サイコロジカルなど他にもたくさんありますが、見極めは難しくトレーダーは苦労しているようです。


移動平均線のゴールデンクロスやデットクロスも反転を示す指標ですが、リアルタイムの値動きより時間的に遅いので、チャンスを逃がしてしまうことも多々あります。



反転のタイミングさえわかれば、その時点に指値で注文を入れて置き、確実に利益につながりますが、指値で注文した値では反転せず、そこで注文が確定すると初めからマイナスのトレードになってしまいます。

例えば、USD/JPNの通貨ペアで100.000の時点に反転を狙って指値の買い注文を入れたとします。

この場合のトレンドは下降トレンドです。



100.000の時点で反転して上昇トレンドに変わればプラスとなりますが、そのまま下がり続ければ、買い注文なのでマイナスとなるのです。

FXでも株でも同じで、これを逆張りといいますが、多くのトレーダーが使用する順張りよりもリスクが高いのです。

逆張りは、うまくいけば一回の取引で多くの利益を得られる手法ですが、反転のタイミングが重要です。